治療点早わかり

  1. ホーム
  2. 治療点早わかり一覧
  3. 治療点早わかり

治療点 探し方 2 2017.04.04



治療点 探し方 2

 

臨床例 患者 男性 40歳代

 

症状


①  両膝が階段を上るときに痛く、手すりに摑まる。 立ち座りも痛い。


②  右太ももの横が痛い。


③  右首から肩、腕にかけてコリと痛み。


④  背中から腰にかけてダルク、しんどい。

 

本治法  肺肝相克 合水穴を使う


     左から陰陵泉2  尺沢1  右から下腿陰5-1K 陰谷2

 

     虚 ①肝経陰 ②膀胱経1 ③心経
     実 ①胃経  ②膀胱経2 ③肝経陽

 

標治法

  
①  両膝の痛み 階段を上るとき、立ち座りの時、痛む症状から実とみる。


  胃経が実であるから、足背の示指に提鍼を当てると実の反応が出ていた。ウエーブで飛び右背の4-1Kが治療点となり、接触鍼をする。

 

立ち座りも痛いということは、力が入らない虚とみて、足背の胆経5-3Lから下腿陽に飛び、下腿陽の5-3L(陽陵泉L)を治療点として知熱灸をすえる。

 

②  右太ももの横が痛い  右太ももの横は胃経が実として通っている。


胃経の実が関係しているとみて、右足背 胃経を調べてみると、 
胃の4-2Kが実であった。そこからウエーブで左背に飛び、 左背の4-2Kが治療点となる。接触鍼をした。ここは右膝の痛みにも関係する。

 

③  右首から肩、腕にかけてのコリと痛み。


 後頚部のコリは、前腕陽か下腿陽が関係する。提鍼で調べてみると、下腿陽に実と虚の反応があった。膀胱経2からウエーブで飛び、左下腿陽2-1Kに治療点を取る。接触鍼をしてから知熱灸をする。

 

 肩から腕にかけてのコリは提鍼で探ってみると虚の反応であった。
肝経陰の子午関係である小腸経の1-1Lに虚の反応があり、ウエーブで左背に飛び、左背の1-1Lが治療点となり、知熱灸をすえる。

 

④ 背中から腰にかけてダルク、しんどい。


 背中から腰にかけてダルイというところを提鍼でさすると、虚の反応が出ていた。膀胱経1が虚である、足背の小指、付け根の絡脈に虚の反応があった。そこからウエーブで腰に飛び、腰の1-1Lを治療点とする。

 

次に腰に関係する虚の経絡を探すと、手背の中指(三焦経)3-1Kに虚の反応がありウエーブで腰に飛び、腰の3-1Kを治療点とする。

 

⑤ 本治法で一番の虚である肝経陰は、足拇指内側3-5Lに虚の反応があり、ウエーブで腹に飛んで、期門穴L(腹3-5L)を治療点とした。
虚の所はすべて知熱灸をすえた。
         
上記の治療でこの患者さんすべての症状が2割ほどになった。

 

<関連内容>

 

 治療点 探し方 3

 

ご予約・お問い合わせ>

休診日カレンダー

休診日アイコン

[施術時間]
丸亀本院:
AM8:30~12:00/PM2:00~7:00
高松院:
AM8:30~12:00/PM2:00~7:00

  • 痛くしない鍼 がまんしない灸
  • 長年の経験から得た臨床例
  • 「あ!そうなんだ!」がいっぱい見つかる
  • 症例別の原因や治療法が早わかり
  • 当院の鍼灸治療動画
  • 普門堂鍼灸院公式Facebook
普門堂鍼灸院(丸亀本院)
〒763-0082
香川県丸亀市土器町東1-383
TEL/FAX 0877(25)1491
地図を見る
普門堂鍼灸院(高松院)
〒761-0101
香川県高松市春日町1593-1
TEL 087-899-6861
FAX 087-899-6862
地図を見る
埼玉普門堂鍼灸院
〒350-1137
埼玉県川越市砂新田1丁目11-36
TEL/FAX  049-257-5985
地図を見る
PAGE TOP