鍼灸おを学ぶ

本治法には正証と変証がある 2020.07.21

 令和2年5月から正証に対して、変証がある事が確認されました。普門堂では度々、基本的なことでも変更があるのです。従業員や当院の卒業生、読者の皆さんには基本的なことの変更は大変な負担になると思われます。

 

 しかし、そのような変更の繰り返しを経て、今の普門堂流の鍼灸術があるのです。本治法という基本中の基本で変更がある事は誠に申し訳ないのですが、度重なる実験の結果、間違いないという確信で発表しています。

 

 今回は正証、変証ともに変更が加えられています。その事について今回は詳しく解説していきます。

 

1、      証の決定はブロックの比較脈診で行う。(今までは指先の比較脈診で決めていた)

2、      大腿陰が肝木穴という名で加わった。手掌が経金穴、前腕陰が栄火穴、上腕陰が愈土穴、下腿陰が合水穴、足底が井木穴。となります。これらブロックの比較脈診で一番弱い所が証となります。

3、      証は、肝木穴の時、肝脾相克と変証の肝脾相克。 経金穴の時、肺肝相克と変証の肺肝相克。 栄火穴の時、心肺相克と変証の心肺相克。 愈土穴の時、脾腎相克と変証の脾腎相克。 合水穴の時、腎心相克と変証の腎心相克。 井木穴の時は、全部の証と全部の変証がある。

4、      一番弱い所が証となり、その証を尅する経は取穴しない。例えば脾経が一番弱い時、脾経を克する肝経は取穴しない。脾経が一番弱い時、証は自動的に脾腎相克となる。肝経を外すので証は1つに絞られる。

5、      脾腎相克の場合、脾経が1番の虚、腎経が2番目の虚、脾経の親である心経が3番目、腎経の親である肺経が4番目の虚となる。

脾経と心経。腎経と肺経。を左右に振り分けて愈土穴で取穴する。

6、      井木穴(足底)に2粒のマグレバンを貼り、1粒の提鍼を残り5つのブロックに当てる。井木穴が虚でない限りは、5つのブロックのうち何処かで実の反応が出ている。そこが一番実で、そこが尅する所が一番の虚である。

7、      足底に2粒のマグレバンを貼り、残り5つのブロックに1粒の提鍼を当て検査すると、手掌で実の反応があったとする。手掌は肺経であるから、肺経が尅する肝経が一番の虚だと分かる。証は自動的に肝脾相克となる。

8、      6つの証には必ず6つの変証が付いている。脾経1と脾経2。腎経1と腎経2。肝経陰と肝経陽。心経1と心経2と心包経。がある。正証は脾腎相克の場合、脾経2、腎経2、心経1、肺経1を取穴します。それに対して、変証の場合は同じ脾腎相克でも、脾経1、腎経1、心包経、肺経2となる。

9、      この正証と変証の取穴に付いては5つの証ごとに変化があるので別途、記載した表を作ります。

10、正証は子供や若い人に多く、変証はお年寄りや若い人でも何かの疾患を抱えている人に多い。深刻な病気で苦しんでいる人の場合、変証で治療することが多く、当院で治療する患者さんの正証と変証の割合は変証7割,正証3割の確率になっている。

11、変証で治療するようになってから、深刻な病症の改善率が急激に良くなっています。又、リピート率が飛躍的に高くなり、しかも継続します。

12、変証で治療するのはまず証を決めてから、脾経1と脾経2.腎経1と腎経2.肺経1と肺経2.肝経陰と肝経陽。心経1と心経2、心包経を比較して弱い方を取ります。

13、面白い事に正証の場合は脾経2、腎経2、肺経1、心経1などが取穴されます。変証の場合はかならず、脾経1、腎経1、肺経2、心経2叉は心包経と言うふうに分かれます。

14、正証と変証のツボが入り混じるという事はありません。その為、脾経1と脾経2を比較脈診するだけで正証か変証かが分かります。

15、証の決定ですがしばしば間違いが起きやすいのです。脾腎相克なのに肝脾相克と言う全く逆の取穴を脈で感じることが有ります。

16、これは脾経を中心として脾と腎は相克であり、脾と肝も相克です。相克と言うのは男女のようなもので、克しあう関係でありながら、非常に同調しやすい関係でもあります。

17、その為、本当は脾経が一番虚の場合でも、肝経も腎経も虚の反応を示すことが多く、脈診で虚の反応が確認されるので迷うのです。

18、その矛盾を解決するための手段があります。脾腎相克の時、脾経に2粒、肝経に1粒で脈が強く打ってきます。ところが肝経に2粒、脾経に1粒でも脈が来ます。腎経に2粒、脾経に1粒でも脈が来るのです。

19、これではどれが正証か分かりません。そこでその脈の流れを邪魔するマグレバンを1粒、何処にでも良いから貼ってください。邪魔が入っても脾経2粒だけは脈が来ます。邪魔が入ると肝経や腎経の脈は来ません。それで脾経が本物の正証だと分かるのです。

20、これはブロックで比較脈診した時も、指先で比較脈診した時も、この矛盾は起きてきます。その為、シバシバ証を間違うのです。その間違いを起こさない為にも、邪魔をするマグレバンを貼ってください、それで解決すると思います。

ご予約・お問い合わせ>

休診日カレンダー

休診日アイコン

[施術時間]
丸亀本院:
AM8:30~12:00/PM2:00~7:00
高松院:
AM8:30~12:00/PM2:00~7:00

  • 痛くしない鍼 がまんしない灸
  • 長年の経験から得た臨床例
  • 「あ!そうなんだ!」がいっぱい見つかる
  • 症例別の原因や治療法が早わかり
  • 当院の鍼灸治療動画
  • 普門堂鍼灸院公式Facebook
普門堂鍼灸院(丸亀本院)
〒763-0082
香川県丸亀市土器町東1-383
TEL/FAX 0877(25)1491
地図を見る
普門堂鍼灸院(高松院)
〒761-0101
香川県高松市春日町1593-1
TEL 087-899-6861
FAX 087-899-6862
地図を見る
埼玉普門堂鍼灸院
〒350-1137
埼玉県川越市砂新田1丁目11-36
TEL/FAX  049-257-5985
地図を見る
PAGE TOP