臨床例

右肩がダルイ 2021.01.12

臨床例 女性、38歳、右肩がダルイ

 

症状

 仕事が忙しく、腕を使う仕事で1日中、腕を酷使している為、仕事が終わりヤレヤレと一服する頃には、右肩の付け根に重ダルイ、やりきれないような不快感がある。腕の使い過ぎは分かるのだが、鍼灸で何とかならないものか?という事で来院してきた。

 

診察

 右肩を提鍼で虚実の検査をすると、右肩全体に虚の反応が出ていた。陰経と陽経を比較すると陰経の方が、より虚の反応が強かった。そこで上腕陰の何処かに治療点が有るに違いないと思った。

 

 その治療点の番地を探すため、右手掌で虚の反応がある所を探すと、右手掌3-1Kに虚の反応があった。そこで左手掌と比較すると左手掌の3-1Kの方がより虚の反応であった。そこからウエーブで左上腕陰に飛び治療点を左上腕陰3-1Kとした。右肩のダルサを左肩で治療することになる。

 

 この症状は肩の使い過ぎで腋の下にコリが蓄積して、血流が悪くなると起きる現象である。このような症状は50肩の夜間痛などの時にも同じような現象が起きる。肩全体に違和感がある時には腋下のコリを疑ってみるのも良い。

 

治療

 左肩の上腕陰3-1Kに印を付け、虚の反応であるから知熱灸で虚の反応が無くなるまで施灸をした。虚の反応が無くなったので、腕の曲げ伸ばしや、肩の回転をして右肩のダルサを確認して貰った。

 

 右肩の上げ下ろし、回転、などで肩の具合を確認して貰ったところ、ずいぶん軽くなっているとの返事であった。 これは腋下のコリにより血流が悪くなっている現象であるから、反対側の腋下を取穴して知熱灸でコリを取り除くと、症状は解消する。

ご予約・お問い合わせ>

休診日カレンダー

休診日アイコン

[施術時間]
丸亀本院:
AM8:30~12:00/PM2:00~7:00
高松院:
AM8:30~12:00/PM2:00~7:00

  • 痛くしない鍼 がまんしない灸
  • 長年の経験から得た臨床例
  • 「あ!そうなんだ!」がいっぱい見つかる
  • 症例別の原因や治療法が早わかり
  • 当院の鍼灸治療動画
  • 普門堂鍼灸院公式Facebook
普門堂鍼灸院(丸亀本院)
〒763-0082
香川県丸亀市土器町東1-383
TEL/FAX 0877(25)1491
地図を見る
普門堂鍼灸院(高松院)
〒761-0101
香川県高松市春日町1593-1
TEL 087-899-6861
FAX 087-899-6862
地図を見る
埼玉普門堂鍼灸院
〒350-1137
埼玉県川越市砂新田1丁目11-36
TEL/FAX  049-257-5985
地図を見る
PAGE TOP