臨床例

足親指先端が痛い 2019.10.05

足の親指先端が痛む 

 

臨床例 女性 54歳 足の親指先端が痛い 

 

 3日前から左足親指の先端が痛いなーと思いながら仕事をしていた。ところが昨夜痛いと思いつつ、お風呂に入って、朝起きたらズキンズキンと拍動性の痛みが出て、痛みで目が覚めた。ちょっと触っても痛い。

 

診察

 

 左足親指先端の一番痛い所に提鍼を当て虚実の判定を検査してみた。虚と実の反応が出ている。実の反応に対して、鍼で実の症状を取り除き、その後知熱灸で虚の反応を補うと良くなる。

 

 これは俗にいう所のヒョウソである。黴菌が爪の間から侵入して化膿している。お風呂に入り水がその患部に入ったことにより、一挙に化膿が進みズキンズキンと痛む症状になったのだ。

 この場合患部の化膿であるから、化膿している一番痛い所に焼灼灸を、熱いのを我慢して7壮ほど据えると良くなる。しかし、今回は遠隔操作として、左足の5-1Kから右胸に飛んで右胸5-1Kを治療点として鍼灸の治療をした。

 

 なにしろ焼灼灸は熱くて我慢するのがつらい。現代の人は我慢に弱いので、今では焼灼灸はほとんどしたことが無い。それで遠隔操作の治療点で治すことにした。遠隔操作でも患部の虚実は確実に無くなる。

 

 この治療で様子を見て治るようであれば其の侭、右胸5-1Kを治療点として治療することにする。もし、それでは治らないようであれば熱いのを我慢してもらって焼灼灸をすることにした。

 

 治療

 

 右胸5-1Kに接触鍼をしてから、知熱灸を据えた。治療が終わった所で、患者さんは痛みがずいぶん少なくなりましたと言って喜んだ。しかし、相手は化膿菌である、何時なんどき息を吹き返して化膿しないとも限らない。次の日に来るように言って帰した。

 

 翌日、やって来たので患部を見ると赤い腫れは引いている。まだ、触ると痛みがあるが、歩いたり靴下を履いて、靴を履いても痛く無くなったという。患部の虚実を検査するともう虚実の反応が、ほとんど無く、ほんの少し虚の反応があった。

 

 そこで胸の5-1Kに知熱灸だけをして終わりにした。しばらくは患部には絶対に水を掛けないように注意しておいた。その後の連絡で、この患者さんは2回の治療ですっかり完治した。

ご予約・お問い合わせ>

休診日カレンダー

休診日アイコン

[施術時間]
丸亀本院:
AM8:30~12:00/PM2:00~7:00
高松院:
AM8:30~12:00/PM2:00~7:00

  • 痛くしない鍼 がまんしない灸
  • 長年の経験から得た臨床例
  • 「あ!そうなんだ!」がいっぱい見つかる
  • 症例別の原因や治療法が早わかり
  • 当院の鍼灸治療動画
  • 普門堂鍼灸院公式Facebook
普門堂鍼灸院(丸亀本院)
〒763-0082
香川県丸亀市土器町東1-383
TEL/FAX 0877(25)1491
地図を見る
普門堂鍼灸院(高松院)
〒761-0101
香川県高松市春日町1593-1
TEL 087-899-6861
FAX 087-899-6862
地図を見る
埼玉普門堂鍼灸院
〒350-1137
埼玉県川越市砂新田1丁目11-36
TEL/FAX  049-257-5985
地図を見る
PAGE TOP