臨床例

夜中にうずく50肩 2018.05.10

夜中にうずく50肩  丸亀店  高松店  埼玉店

 

臨床例  女性、52歳、50肩

 2か月前ぐらいから右腕を前から上に挙げる時に痛むようになってきた。不便だがなんとか我慢していたのだが、最近になって夜中にウズウズと右肩が疼き出して寝られなくなってきた。

 これは大変だと思っていたところ、友達からあそこの鍼灸院に行くと早く治ると聞いたものだから、やってきました。

 50肩は、反対側の肩に手を持っていくと痛くなるのは肺経(手掌拇指)の疾患。腕を真正面から、前上に挙げる時に痛むのは大腸経1(手背拇指)の疾患。腕を正面よりやや外側にあげるとき痛むのは大腸経2(手背示指)の疾患。腕を真横に上げる時に痛むのは三焦経2(手背中指)の疾患。腕を斜め後ろにあげるとき痛むのは三焦経1(手背薬指)の疾患。腕を後ろに回す時に痛むのは小腸経(手背小指)の疾患。であります。

 また、夜間痛や腕が疼くような症状があるときは、腋の下に疾患があります。治療点は原則として、総て反対側の腕を治療点とします。患側を治療点としたのでは何時までも治りません。

診察

 この患者さんの場合は右腕を前から上に挙げる時に痛むという症状から、右手背の拇指に提鍼を当て検査すると経脈に実と虚の反応が出ていた。手拇指経脈の何処が実かを探すと、指の付け根5-5Kに一番実の反応が出ていた。

 そこで左手背の拇指と比較脈診してみると左の方に実が強い。左手背、右前腕、左上腕、右腰、がウエーブのルートであるからそこを比較脈診してみると、左上腕に実の強い反応があった。治療点は左上腕5-5Kということになる。

治療

 左上腕5-5Kに印を付け、実と虚の反応であるから接触鍼をして、実の反応を取り除き、残った虚の反応に対して知熱灸を虚の反応が無くなるまで据えた。この治療で右腕はスムーズに上がるようになった。

 ところが、右肩のウズウズした痛みはまだ残っているという。そこで陰経を探してみる事にする。右手掌のどの指に反応があるかを調べてみた。中指が一番強い、中指の中でも指の付け根1-3Lに反応が出ていた。

 左手掌の中指と比較脈診してみると左中指1-3Lの方が強い反応を示す。そこからウエーブで上腕陰に飛び、治療点は左上腕陰の1-3Lとなった。
上腕陰1-3Lは脇の下である。

 仰向けに寝た状態で、腕を上げて腋の下を完全に露出させる。その格好で、上腕陰で腋の下、中央部にLのラインで取穴する。実と虚の反応が有ることを再確認する。

 左上腕陰1-3Lに接触鍼をして実の反応を取り除いてから、残っている虚の反応に対して知熱灸を据えて補った。この治療によりウズウズとした腕の痛みは無くなった。

 この患者さん、その後、5回の治療で、完全に右50肩の痛みは完治した。

ご予約・お問い合わせ>

休診日カレンダー

休診日アイコン

[施術時間]
丸亀本院:
AM8:30~12:00/PM2:00~7:00
高松院:
AM8:30~12:00/PM2:00~7:00

  • 痛くしない鍼 がまんしない灸
  • 長年の経験から得た臨床例
  • 「あ!そうなんだ!」がいっぱい見つかる
  • 症例別の原因や治療法が早わかり
  • 当院の鍼灸治療動画
  • 普門堂鍼灸院公式Facebook
普門堂鍼灸院(丸亀本院)
〒763-0082
香川県丸亀市土器町東1-383
TEL/FAX 0877(25)1491
地図を見る
普門堂鍼灸院(高松院)
〒761-0101
香川県高松市春日町1593-1
TEL 087-899-6861
FAX 087-899-6862
地図を見る
埼玉普門堂鍼灸院
〒350-1137
埼玉県川越市砂新田1丁目11-36
TEL/FAX  049-257-5985
地図を見る
PAGE TOP