臨床例

耳の後ろが痛む 2018.05.10

耳の後ろが痛む

 

臨床例 男性 55歳、 耳の後ろが痛む   丸亀院 高松院 埼玉院

 

 1か月くらい前から、右耳の後ろが痛くなり出し、ドンドン酷くなってきた。
右耳の後ろが腫れ上がり、押さえると痛みがある。熱も持っているようだ。何か変な病気にでも罹っているか心配になってやって来た。

 

 診察

 右耳の後ろを見ると、少し腫れあがり、赤くなっている。耳外輪の中央部辺りの後ろだ。提鍼を当てて検査してみると、実と虚の反応が出ていた。耳の外輪に沿って、右耳後ろ側にLのラインで反応が有る。

 

 頭は手背、足背と関係が深い。そこで両方の手背、足背、頭、の5か所を比較脈診してみた。左足背に実の反応が強い。左足背のどの指が強いかを検査してみると、薬指であった。その薬指の内、実の反応がある所は、足薬指外端であった。

 

右の頭と、左の足背は直接関係している為、ウエーブで飛んで治療点を探すまでもなく、左足薬指外端を治療点と決定した。

 

治療

 左薬指外端、爪の小指側で、爪の付け根角3ミリの所を中心に35回ほど接触鍼をした。提鍼で実の反応が取れたかどうか、検査してみるとまだ実の反応が少し残っていたので、あと6回接触鍼をしたところ完全に実の反応は取れた。

 

 残っている虚の反応に対して、知熱灸を虚の反応が無くなるまで据えた。これで実の反応も、虚の反応も無くなった。

 

どうですか耳の後ろの痛みは? 

 

 盛んに耳の後ろを撫でていたが、今少し痛みがある感じがすると言う。

 そこでもう一度、左薬指外端の実と虚の反応を調べてみると、虚の反応だけまだ残っていた。知熱灸を3壮追加したところ、完全に虚の反応は無くなった。


これで如何ですか? 

 

あー!! 耳の後ろの痛みが無くなりました、と言った。

 

この患者さん、その後2回の治療で完治している。

ご予約・お問い合わせ>

休診日カレンダー

休診日アイコン

[施術時間]
丸亀本院:
AM8:30~12:00/PM2:00~7:00
高松院:
AM8:30~12:00/PM2:00~7:00

  • 痛くしない鍼 がまんしない灸
  • 長年の経験から得た臨床例
  • 「あ!そうなんだ!」がいっぱい見つかる
  • 症例別の原因や治療法が早わかり
  • 当院の鍼灸治療動画
  • 普門堂鍼灸院公式Facebook
普門堂鍼灸院(丸亀本院)
〒763-0082
香川県丸亀市土器町東1-383
TEL/FAX 0877(25)1491
地図を見る
普門堂鍼灸院(高松院)
〒761-0101
香川県高松市春日町1593-1
TEL 087-899-6861
FAX 087-899-6862
地図を見る
埼玉普門堂鍼灸院
〒350-1137
埼玉県川越市砂新田1丁目11-36
TEL/FAX  049-257-5985
地図を見る
PAGE TOP