臨床例

喉に球がつかえる 2017.09.22

 

喉に球がツカエル 

 

臨床例 女性 56歳 喉に球がツカエル
 
 3日前から、喉の具合がおかしくなり、球のようなものが喉にツカエて何時までも居座っている。食事を飲み込むたびに、その球を乗り越えなければ、食物が喉を通らない。こんな事になったのは初めてなので、何か悪い病気にでも罹ったのではないかと心配している。

 

診察

 

 喉に提鍼を当てて、患部の虚実を検査してみた。喉の正中線上を5等分して下から5分の2のところに実の反応が出ていた。

 

 ここに出る実の反応は、咳、喉のつかえ、喉の痛み、喘息、喉の違和感、などの時よく出てくる反応であります。反応は実の場合が多いようであります。

 

 原因は風邪を引いたときに、ウイルスの邪が喉に入り込み、そこで炎症を起こしたのが原因であります。治療はまだ、風邪のウイルスが残っている場合は、本治法は経金穴を使い、邪の処理をして風邪を治します。

 

 喉の正中線上、下から5分の2の所は、手の肺経2行線上の反応であります。そこからウエーブで前腕内側に飛び、前腕内側の太淵2が治療点となります。

 

治療

 

 標治法の太淵2は実の反応ですから、前腕内側の太淵穴2に印を付け、鍼先で31回ほどさすって実の反応を取り除いた。実の反応が完全に取れたのを提鍼で確認した。

 

 風邪引きの反応も残っていたので、肺肝相克で経金穴を使い、知熱灸で補ったのち、邪の処理をして、風邪引きの症状を治療した。

 

 どうですか、喉の具合は? 患者さん、つばを何回も飲み込んで確認していたが、球ころのようなツカエは無くなっていた。鍼灸はすごいですね。1度で喉の症状が無くなりました。後は症状が残っていたら来てもらうことにした。

 

ご予約・お問い合わせ

休診日カレンダー

休診日アイコン

[施術時間]
丸亀本院:
AM8:30~12:00/PM2:00~7:00
高松院:
AM8:30~12:00/PM2:00~7:00

  • 痛くしない鍼 がまんしない灸
  • 長年の経験から得た臨床例
  • 「あ!そうなんだ!」がいっぱい見つかる
  • 症例別の原因や治療法が早わかり
  • 当院の鍼灸治療動画
  • 普門堂鍼灸院公式Facebook
普門堂鍼灸院(丸亀本院)
〒763-0082
香川県丸亀市土器町東1-383
TEL/FAX 0877(25)1491
地図を見る
普門堂鍼灸院(高松院)
〒761-0101
香川県高松市春日町1593-1
TEL 087-899-6861
FAX 087-899-6862
地図を見る
PAGE TOP